妊活中は葉酸サプリがおすすめ!効果があるものをチェック!

妊活中は葉酸サプリがおすすめ!なんてよく聞きますよね。でも正直どれを選べばいいのかわからない、そんなあなたにおすすめのものを紹介します。今すぐチェックしてみてください。
MENU

葉酸 効果として、核酸やチミンの合成に補酵素として働くため、
細胞分裂や新陳代謝が活発な組織で必要となるビタミンです。

 

特に神経管欠損症や先天性奇形の予防、心臓病の予防、貧血予防などの効果があることから、
妊活中、妊娠中、授乳中に必要不可欠な栄養素となっています。

 

特に妊娠初期 葉酸不足になると、二分脊椎症や神経管閉鎖障害などの先天性の疾患をまねくリスクが高くなります。

 

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に起こる先天異常の一つで、脳や脊髄などの中枢神経系の元となる細胞の集合体である神経管が閉鎖することで、脊髄の神経組織が脊椎の骨によって覆われていないことから、神経組織に障害が発生し、下肢の運動障害などが起こったり、脳が形成不全となり無脳症や流産、死産の確率が高くなると考えられています。

 

これらの障害のリスクを軽減することができ、母親の体にもリスクがあることから、葉酸摂取が薦められています。

 

厚生労働省の推奨では、1日400マイクログラムの量が妊婦には望ましいとされています。
ただこれは、ほうれん草なら2束、ブロッコリーで3房、鶏レバー100グラムなどかなり多く摂取する必要があります。

 

葉酸は食事だけでは難しい

 

また葉酸は水溶性のビタミンなので、調理によって栄養素が半分失われるため、
食事だけでは難しいため、サプリメントで摂取する必要があるといえます。

 

 

葉酸には、ポリグルタミン型葉酸と、モノグルタミン酸型葉酸の2種類があります。
ポリグルタミン型は、食材に含まれている天然の葉酸で、モノグルタミン型は人工的に作られて合成葉酸です。

 

天然の食材から抽出されるポリグルタミン型は、さまざまな酵素やタンパク質と結合した複雑なもののため、体内への吸収率は約50パーセントに対し、合成の葉酸であるモノグルタミン酸型は、シンプルな形状のため、吸収率は85パーセントとなっています。

 

合成という言葉に拒否反応を持つ人も多いかもしれませんが、成分や製法などがきちんと管理されていれば、
安全性には問題はなく、天然食品由来ではないため、価格も抑えられているというメリットはあります。

 

 

葉酸サプリの選び方は、きちんとした管理体制で作られ、表示通りの成分がきちんと配合されているかが重要なポイントとなっています。

 

判断の目安としては、製造や管理体制、商品の検査をしっかりと行い、
第三者機関などからの検査もきちんと受けているものが安心だといえます。

 

毎日飲むものなので、安心して飲めるものを選ぶことが重要です。

 

 

葉酸サプリの選び方

このページの先頭へ